支援センターの概要

 「山形県林業労働力確保支援センター」は、林業事業主の雇用管理の改善や事業の合理化並びに新たに林業に従事しようする人の就業を支援するために、平成23年4月に「財団法人山形県みどり推進機構」に設置されました。
○支援センターは、こんなお手伝いをしています。
○雇用管理の改善と事業の合理化について相談をお受けします。
 1.改善計画の作成
 2.賃金・労働時間などの労働条件の改善
 3.社会保険・労働保険などの雇用管理の改善
 4.労働安全衛生などの労働環境の改善
○新たに林業に従事しようとする人の就業を支援する講習を行います。
 1.「林業就業支援講習」の開催
○雇用情報の収集と提供を行います。
 1.「林業事業体ガイドブック」の発行
○事業主を対象とした助成事業等を行います。
 1.林業担い手育成事業
 2.林業従事者福利厚生支援事業
 3.高性能林業機械導入支援(貸付)事業






○認定事業体とは
 林業事業主が労働環境の改善、募集方法の改善など雇用管理の改善及び林業施設の機械化、その他事業の合理化を一体に図るための計画(改善計画)を作成し、その計画が適当である旨の知事の認定を受けた事業体をいいます。
 ○平成30年4月1日現在、認定事業体は、48事業体(森林組合12、その他の民間企業36)あります。

○改善計画作成の様式はこちらから

 ・計画認定申請書       様式1、様式2(word版)
 ・共同計画認定申請書    様式3、様式4(word版)
 ・改善計画変更認定申請書 様式7(word版)
 ・改善計画変更届出書    様式8(word版)
 ・改善措置実施状況報告   様式13(word版)
                    補完票(excel版)
 ・改善措置実施結果報告   様式14(word版)  ※右クリックで「対象をファイルに保存」にして下さい